ノンジャンル適当遊び場
ちょっと遅れましたが、魔法律第三条感想〜!

さあて、第三条ネタバレ感想参ります!エンチューがともかく美麗でありまし

た…。顔面偏差値いかほどか!と思うほどに…。まつげ組(エンチューとバビ

ロくん)がいつか同じコマに載ったら、その麗しさにバッタリ逝きそうです…

。エンチューファンにとって、ほんとうに待ち望んだ瞬間だったのではないで

しょうか。監視つきで週一度とはいえ、外部のムヒョやビコちゃんやヨイチと

お喋りできる環境にエンチューが居るということがほんとうに嬉しかったです

。「こうしてお話できるだけでも僕にはぜいたくだよっ」って台詞が愛おしい

…。そしてそんな環境に「今はホレ、あきたっつーか」なムヒョったら!!!

でも、飽きちゃうって言ってしまうくらいに、エンチューとの会話が「あたり

まえ」になっているという意味では、微笑ましい台詞なのではないでしょうか

。そして闇落ちをネタ化しているエンチューも可愛らしく…。エンチューって

、本来は結構な泣き虫さんなのかもしれませんね。そして彼が調べていた停電

の件で、関わっていたのはレオーニ・フリオニールでした。この人絶対伏線回

収として出てくると思っていたので予想が当たってちょっと嬉しいわたし…。

そして、そんな大問題を協会に委ねたほうがいいと言うビコちゃんとエンチュ

ーのことを振り切って、バサッとマントを翻し「こういうのはオレ等みてーな

のに任しときゃいんだよ」と告げて捜査に乗り出すムヒョのカッコいいことと

いったら…。めろりめろめろ…。そして今回、重いなとおもった台詞が、エン

チューの「僕は罪人ですし」の一言でしょうか。今どれだけ明るく会話しよう

が、エンチューの犯した罪は罪、罰は罰なのだなと、彼自身が一番自覚してい

るのだなと…。そしてその上で、今の自分でも二人を手伝えることがあるはず

なんだと懸命に調べるエンチュー。なんて健気なんでしょう…。そしてそれを

見守る重松さん…。お願い、もっと減刑してあげていいのよ…。それから、ム

ヒョとロージーの二人はメモに示された場所に向かいます。そのときに「ほん

とうにこんな日が来るなんて」と、ロージーは泣きますね。ほんとうに夢のよ

う…。この台詞は、皆の、そして先生や読者共通の思いなのではないでしょう

か…。ムヒョは怒りますが、ロージーはエンチューのこととなると心配そうな

顔になるのに気づいていますね。そして、言われた場所にたどり着いたものの

、会社らしきものは見つかりませんが、ここで重要なひとことが!ムヒョった

ら、バビロくんを「あのガキ」扱いしてるんですよ…。推定高校一年生のバビ

ロくんをガキ扱いするということは、ムヒョさん(バビロくんのまねっこ)何

歳なの…みたいな!そして、やがて地下に会社があることを突き止めるムヒョ

とロージー。そしてその前には新キャラの暗黒坂ミレンさんがお出ましでした

…。ツインテール&眼鏡かわゆい!そして、社長は誰なんでしょうね…。見知

った人物なのか、それとも全然別のキャラなのか…。謎は益々深まるばかりで

すね…。そして、この第三条が公開されたあとで、魔法律アニメの新キャスト

発表があったわけですが、ペイジおじさまのキャスト様が発表されていて、ペ

イジおじさまスキーとしてはもうもうもう勝利の杯を傾けるしかありませんで

したよ!!ありがとう世界!イケおじペイ爺を期待して止みません…。ほんと

うにでも、魔法律こんなに毎回面白いのに秋までの期間限定なの…?私的には

ライスロのほうも佳境にはいって来ているので、そちらも読みたい気でまんま

んなのですが…。先生が納得行く形で伏線回収なさると良いなと思いつつ、今

回は筆をおかせていただきます…。

| 15:20 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://sonoya.jugem.jp/trackback/2030