ノンジャンル適当遊び場
くまちゃんの美麗絵と、もとになったおはなし。

上をクリックするとくまちゃんが下さった美麗絵が出てきますよ〜。本当に、絵描きさんの心を、わたしごときの文章が刺激したのなら、こんなに嬉しいことはありません…。元になったお話ものっけておきますね。

 

3.満天の夜空の下で

 

いっぽ歩むごとに、夏草の香りがふわりと立ち上る。

昼間の暑さを忘れたかのような、ひやりとした風が吹く。

君が、隣に居て、僕たちは草原を歩いている。

君は、意を決したように、僕の手を取り「好きなの」と言った。

僕はそのあつい手を握りなおし、返事の代わりにキスをした。

深い、満天の夜空の下で。

 

あー、ホントわたし幸せものだぁ〜。くまちゃん本当にありがとうございました〜!

| 08:40 | 同人 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
園也さん!!まさかのブログにもまとめてくださってありがとうございますヽ(;▽;)ノ
本当に、読んだ時にぶわっと頭の中に映像が浮かんできました🌸
素敵な小説と、描かせてくださいというお願いに、快くOKしてくださってありがとうございました…✨
人様の文章に絵を!というので緊張しましたが、楽しく描かせていただきました!私も幸せ者ですヾ(*´∀`*)ノ
園也さんの小説もイラストも、これからも楽しみにしています!!
| くまのみ | 2016/07/20 17:37 |
くまちゃん、こちらも見てくださったのですね〜。ご許可いただく前にアップしてしまいました〜。でも、本当にこんな素敵な絵、自慢する、し、か(ばたり)くまちゃんの頭のなかと黄金の右手で表現されたこの絵を見ていると、くまちゃんがわたしの文章をとっても汲んでくださって、尚且つ作り手の斜め上行く発想と情景を描いてくださったのだなあと思っています。わたしは本当に、過分なくらいにくまちゃんによくしていただいているなあ…。ありがとう以上のありがとうをくまちゃんに捧げます…。だいしゅきホールドをいつかさせてくださいね!お会いしたい!
| 園也 | 2016/07/20 18:16 |









 
この記事のトラックバックURL

http://sonoya.jugem.jp/trackback/1859