ノンジャンル適当遊び場
やっと描けた〜!

神々の絵や文章をまえにして、わたしなんぞ…とおもったのですが、描きたい書きたいきもちはもりもりあったので、魔法律再起動のおめでとう絵のムヒョとロージーと、魔法律プレゼン140文字を書かせていただきました〜。もうね、ほんとうにね、ムヒョ、ぼっけ、ハチ、バビロの打ち切りにもめげず、一生懸命活動してこられた西先生ご自身の努力と、読者の希求があってこその再起動。感動しかありません…。ツイッターに魔法律本をご一緒させていただいていたしばさんも、おめでとう絵と四コマを描かれてて感無量でした…。(現在松ジャンルでご活躍中)そしてなんとツイッターではムヒョロジがトレンド入りも果たしていましたよ!皆待ってたんだな〜と…。ほんと胸が熱くなりますね…。

| 11:16 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
西先生新連載「ライカンスロープ冒険保険」面白すぎる!!!

今日は、西先生の最新作の「ライカンスロープ冒険保険」のご紹介をさせてください!!ついったーにあげたのをぺたりしておきますね。

西義之先生の新作「ライカンスロープ冒険保険」は、文句なしに一話から面白いので、西クラさんだけでなく漫画好きさんに是非読んでいただきたいな〜。いまなら「となりのヤングジャンプ」というサイトで一話試し読みできますので、まんがってこんなに面白いんだという快感を味わってください。 一話目でハートを奪われたお方は、現在発売中のヤングジャンプ49号にて二話目が掲載されているので読まれるといいよ…。二話目では、主人公の社長と部長(丁寧メガネ男子!と、ボクっ娘強い子!)の信頼関係がより深く描かれておりますよ〜。冒険×保険というのもとても斬新!
二行に分けてついったーには上げたのですが、ほんとほんと、わくわくする要素ばっかりで…。西先生まんがの中でも、これ、かなり早期の段階から面白いので(西先生まんがは世界観をまず構築されるのに数週かかると個人的には思っています)とても良いスタートダッシュではないかなあ〜。西先生の絵柄というのはどの雑誌でもすんなり馴染む、けれどとびきりの個性をもったものだとも思いますし!一話目でギュッと胸を掴まれること間違いなし!と思っていますので、皆様どうぞ「となりのヤングジャンプ」の試し読みを見てみて!!わたしはもう社長のビジュアルと性格や、部長のちょっとかっとんだところもある強い子良い子なところや、そのふたりを包み込むRPGの世界に夢中ですよ…。年末に向けて寒くなるところにこんなホットなまんがをぶち込んでこられる西先生…やはり神としか…!!ずっと暖めてこられたまんがとのことですし、今後の展開が楽しみで楽しみで…。西ファンの欲目抜きでも、ヤンジャンのなかで首ひとつ抜きん出た作品だと思うので、続けて応援してゆきたいと思っています…。今は、郵便事故なぞ気にせずに、西先生に直接メールがお送りできてしまう素敵な世の中…。(バビロのときに最低でも二回は事故った…。二つともプレゼントも同梱していたのに…)先生から「GB…いやいっそTB並みのメールでも大歓迎です☆」とのお言葉を頂いたので、また暑苦しくファンレターをしたためつつ、ヤンジャンのほうには毎回丁寧かつ「みつしり」と余白に感想をしたためたアンケートはがきを出そうと思っています…!あー、いいまんがってほんと滋養ですね☆毎週の潤い効果にヒアルロン酸もびっくりだよ!!ほんと、続いて欲しい!!ので、島根から熱い電波をえいやっとお送りしたい所存です〜!
| 17:16 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
あたっちゃった…

昨日、郵便局さんが荷物を二つ届けてくれまして、ひとつはたなかさんからのお洒落プレゼントとバビロ君の生絵!!(素晴らしすぎてクルックル回ってました)だったのですが、もうひとつが、西先生の「エルフ湯つからば」のために買ったモーツーの、アンケートはがきが当選したという、講談社からのおくりものでした…。青汁なんてわたし希望に書いていたかしら…?でも飲むけど…。おいしいけど…と、首をかしげるわたしなのでした。わたし、アンケはがきとかWEB感想文とかでの当選率が異様なまでに高いので、こうだんしゃさんやしゅうえいしゃさんから、図書カードやQUOカードがかなりありまして…。暑苦しいまでに感想とか雑誌そのものの感想を書くからかしら…。びっくりだよ…。登録とかされてないんだろうか(一度当てたら二度目はない、とか)まあいいです。こうだんしゃさまありがとうございました!

 

■お題つき小説たまってました〜。

というわけで、ぺたりしますよ〜。目指すは100!がんばれわたし!

四十五・目隠しをして視る世界

今日は目隠しをしててと、また彼に変なお願いをされる。断ると、悲しそうになるので、いいよ、と告げると、彼は嬉々として私の目を覆う。真っ暗だ。でも、目隠しをして視る世界は、何故か鮮やかな夏色の草原で。彼が手招きをしている。その方向に歩くと、ごんと壁にぶつかった。彼が笑う。もう!馬鹿!

 

四十六・貴方の不幸は蜜の味

思えば、私と貴方は睦みあうことに飽いていたのだわ。小さな喧嘩から始まって、今はお互いを憎み合うことが私達の愛の形。貴方の不幸は蜜の味がする。貴方に近寄る幸せの全てを屠ることで、綺麗な顔が歪むのが楽しくて堪らない。貴方も同じでしょう?でも今解ったわ。私達の最大の不幸は互いの死だと。

 

四十七・私もあとから行くから  

先に行ってて。私もあとから行くから。と、告げて、ママはいつまでも駅には来なかった。そこは知らない町。ママと僕は旅行をしていたのだ。思えば、あの旅は楽しすぎた。あれはママの最後の優しさだったのか。帰る切符はない。小銭程度のお金だけ。捨てられた、そう判断するのに時間は掛からなかった。

 

四十八・つまり君はしんだんだよ

ぷかぷかと宙に浮く少女が僕に言った。「つまり君はしんだんだよ。さ、諦めてボクのほうについて来て」気づけば、僕の体も浮いているじゃないか!下に、僕が、ベッドに寝ている。冗談じゃない!僕にはやりたい事がまだ沢山あるっていうのに!なのに少女はにんまり笑うのだ。「さ、さっさと成仏!」と。

 

| 21:03 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
広島行きしぬほどたのしかった…。

昨日、広島へしろっぷさん、たなかさん、あびさんとご一緒するために赴いたのですが、ほんっとうに何をしてても何処に行っても楽しくて楽しくてしょうがなかったですよ〜。しろっぷさんは、まるで何度もお会いしているかのような錯覚を起こすほどしろっぷさんでしたし、たなかさんはちっちゃくてかわゆい、聞き上手のお嬢さんでしたし、あびさんは本当にスレンダーで、知識の宝庫のようなお方でした…。ミネラルショー(鉱物や化石の展示即売会)の最終日とあって、色々なものが破格で買えてしまうという幸せなタイミングでして、わたしは自分用にカイヤナイトの透き通った指輪と、トルマリンのバイカラーの指輪を買いました。カイヤナイトは透き通ってないタイプのものは超お気に入りとして持っていたのですが、透き通った深い深い青の指輪が、なんと2000円の破格値で買えちゃうんですよ…!あとは、もう目もくらむようなお値段の石もありましたし、結構目立ってたのはラリマーでしょうか〜。ほんと綺麗な水色の、ターコイズまではいかない優しい青い石なのですが、夏だからかな〜?そしてあびさんの知識は石にまで当然及んでいて、様々な石をご存知で、かつ所持してらして、わああ、これすごい!っていうような石を沢山ミネラルショーで見つけては紹介してくださいましたよ〜。たなかさんはドラキリーさんカラーの石のついたリング(これも綺麗だった!)などを入手。しろっぷさんはシェルの薔薇の形のリングを買ってらしたかな〜?そして次は路面電車を乗り継いでかわゆいオルゴールの音がするカフェでアフタヌーンティを!優雅ったらありゃしません。西クラスタで本当に良かったね!YES!みたいなお話をしていたような〜(スミマセン、なんか頭の悪そうな文章で…。それだけ楽しかったということで!)頂いたお茶やお便り大切にしますね…!それからまた別の小さな石やさんにお邪魔したのですが、岩塩の、白いところのなかにあるブルーがあまりにも綺麗だったのでふらっとしたのですが、日本だと湿気でやられてしまうんですって!ううむ奥が深い…。そんなこんなの濃い時間が、余りにもあっという間に過ぎてしまって、異空間にいきなり入って時間の流れが速くなったんじゃあないのと疑ったのですが、ほんとうに楽しい時間は早く過ぎてしまうものなのですね…。久しぶりに、自分のおこずかいで旅行をしたのですが、もう大満足でにっこり笑顔でしたよ〜。皆さん本当にありがとうございました。財布の小銭をぶちまけたりと、お約束のようにドジやらかしても、優しく拾ってくださったりして、ああ、幸せだなあと思いました。皆さんもきっと同じ気持ちではなかったでしょうか…。ああ、いいなあ。こうやって縮まるひととひととの関係って素敵だなあ〜。

 

■140文字ぴったりお題つき小説が30本を越えました

30本まとめは以下のリンクからピクシブに飛べますので、興味をお持ちのかたはどうぞごゆるりと〜。

こちら 

 

| 07:13 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
メイドの日と、きらきらエンチュー
今日はメイドの日ということで、昔書いた絵を再加工しております〜。あと、エンチュー絵はしろっぷさんにお礼絵として書いたのですが、きらきらすぎたかしら…。髪の毛の処理方法って色々あるので試すのたのしいなあ〜。さ、今日はもうすぐお花の時間です。短い日記でスミマセン…。(絵に時間かかっちゃった…)
| 14:47 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
ごんぶとめーるをお送りしてしまった…。
一昨日、来ないか来ないかと待ちわびておりました「吸血異聞」(西先生の同人誌)が届きまして、時間に余裕があるのをいいことに、わたしは熟読の限りを尽くし、西先生にまたもごんぶとメールをお送りしてしまいました…。どうして園也めの文章というのは、好きと正比例しすぎるのでありましょうか…。ネタばれになるとあれですのでこちらでは感想等上げませんが、西先生のネームは、
ほぼ掲載状態と同じであることの驚きと、一つの作品として十分すぎるくらいに楽しめるものであったことを記しておきます…。ほんとうにすてきやったんや…。ドララキさんかわゆかっこよいんじゃ〜!園也のだいすきな地味可愛いおにゃのこもでるよ?な本…これ、ほんと購入できてよかった…。(あまり刷られていないようです)西先生はそんなごんぶとメールもものともせず、素敵なお返事をくださいましたよ…。本当に、ボリューミーな感想で、西先生の執筆の妨げにならぬか心配するくらいなのですが、想いの丈をつづったらあんな調子ですよ〜。もっと簡素に的確に!とおもうのですが難しいなあ〜。できれば、読んで下さった西先生が、モチベーション上げてくださるものでありますように…。

 
| 15:00 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
バビロ誕!!!
きょうはわたしの西キャラ三人衆にはいるくらいだいすきなバビロ君のお誕生日であったので、朝から西先生のお誕生日絵(これすばらしいよ!助手のメイドさんのエムさんがバビロ君のために豪華なごはんをつくって、バビロ君は自分の誕生日のことなんて全く気にしてないような子なのに、やっぱり嬉しいみたいで…。ああ、書き切れない!!)フォロワーさんの素敵絵などを拝見していたのですが、ほんと、バビロくん描くいてるかたのお上手なことといったら!あの子は決してよいこではなく、悪魔的魅力みたいなものを兼ね備えた、妖艶な子なので、そういう雰囲気が出せるかたが素晴らしいとおもいました…!わたしが描くくとただの模写未満というかなんというか…。とりあえず、お誕生祝いをやったのよと絵をのっけておきますが、(アイコンも変えてた)ほんとうに、バビロくんは自分に興味が無い子なんだな〜、というか、特定のだれか(オズ君)に対して執着することで自分という存在を確立してるんだな〜と思わずにはいられませんでした…。(解釈違うかもですのであまり信用してはいけませんよ!)いちばん傍にいるエムさんについても、「お気に入りの道具扱い」(西先生がそう仰った)ですものね…。ほんと、バビロは早く続きが読みたいですよ…。初夏にうごきがあるって言ってらしたので、早く初夏よ来るがいい…って感じですね!そして、西先生といえば、春のお賑やかしキャンペーンが連打で来て、西クラスタはくたばんねぇように黙ってついて行くしかなかったのですが、同人誌ではドラキリーさん(HACHIの登場人物のなかでもかなり目立つ子)の外伝(ナンバリングしてあります!)が50ページ以上、商業誌ではモーニング・ツーで4月22日にエルフの温泉のお話、そして5/5のコミティアでは久々に残酷乙女西せんせいの本領であるホラーまんがのご本が出るというではありませんか…!以前からドラキリーさん大好きのなみきさんは方々から心配されていましたよ…。(あまりに人は萌えると逆に疲れてしまうから…!)もしもわたしもバビロくんの連載がはじまったら毎回召されますが!本当に西先生の発刊ペースは留まるところを知らないというか…。ありがたやありがたや〜と、通販ぽちっとやりますが!!そして、気になるのは西先生がしゅうえいしゃ以外のところでお描きになるということ(こうだんしゃ)…!しゅうえいしゃは金の卵をみすみすこうだんしゃにわたしたんだわ!と思ったりしているところ…。この機会に西先生、こうだんしゃに完全移籍してしまえばよいのよ…!のびのびとお描きになれると思う…。(鈴木なかばせんせが、ずうっとずうっと書きたかった「ファンタジー」(七つの大罪)で大ブレイクしていますし…。ジャンプではなかばせんせいの才能を開花させることはできなかったんだなあと)読者層もいろいろ、良い雑誌も多いこうだんしゃ。西先生が行かれるならどんな雑誌にでもついてゆきますが、講談社でバビロの続き出てもいいのよ…?ほんとうに、これって朗報だとおもうのです…。あー、やっぱりわたし西先生のお描きになるもの大好きなのだわ…。バビロ誕とともに祝いたいとおもいます〜!
| 18:12 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
どうしてなの…
今日は西先生が今度のコミティア(5/5)に参戦されるとのことで、本当は喜びたいのですが、年単位で決まってる家行事がたまたま5日に食い込んでいるため、今回も西拝観は諦めることに…。うっうっ、西先生や西クラの皆様にお会いしたいよう…。新刊は西先生の側面のひとつである「怖い」お話ということで、ほのぼのリリカルだけではない西先生の「ぞわっ」とする恐怖を味わえるかと思うと、それもまた楽しみですねえ…。行かれるお方、どうぞ楽しんでらしてくださいねぇ…。そして西先生の精力的なご活動にファンはやはり嬉しかったりもするのですよ…。ほんと、西先生は本気出して怖い話をなさるとトラウマになるレベルの怖い話を描かれるものなあ…。でも正直西先生には他誌に移ってのびのびと魔のつく漫画を描いていただきたい思いも捨てちゃあおりませんよ!でも、同人誌という新たな媒体でイキイキとご活動なさってらっしゃる西先生も魅力的ですので、双方ともに頑張っていただきたいなあ〜。ファンは応援するのみですが、本当に、西先生がご自分の居場所を確保なさって連載なり何なりを始められるのが一番の喜びですよ!!あーん、ほんとうに、西先生の作品のどれかがアニメ化したりしたら、わたしなけなしのお財布を握り締めて貢ぐのにな…。
| 17:56 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜の花の満開の下
昨日、おとといと、母がノロ?!疑惑で(結局胃腸炎でしたが)、家事をちょろっとやったり時間になったらお茶を飲ませたりしておったのですが、どーしても仕上げたかった千代ちゃん(パンジャちゃん)絵があったので、時間の合間を縫ってえいやえいやと仕上げておりました。笑顔が書きたくて…。本来、わたしはいろぬりをするときに一番すきなのが目を塗ることなので、にっこりえがおだと瞳を塗ることができなくて残念でしたが、笑ってて欲しかったのです…。ほんとあの子は笑顔が似合う子だと思うので…。ちょっと気が早いですがお花見気分の絵で失礼いたします〜。スカートのしわとかにまだまだ改善の余地はありますが、黒髪の子の髪の毛を今までよりも丁寧に〜と心がけて塗りましたよ〜。

 
| 14:12 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
文明の利器よありがとう…。
先日、こちらで予告したとおりに、西先生への同人誌の感想をメールにてお送りしたのですが、なんともうお返事が!!お忙しい中だったでしょうに、きちんとお返事下さるその姿勢素晴らしい…。お返事はツイッターで頂く程度の長さの文章でしたので、あまりお手数をお掛けしては居ないと思いますが、一言だけでも嬉しいファンは、西先生のお言葉の数々に狂喜乱舞するのでありました…。読みやすいお便りを心がけてはいたので、「読みやすかったです」とのお言葉も嬉しく…。あああ、長年好きな漫画家先生と直接メールのやり取りが出来るだなんて、メールってなんてすごい文明の利器なの…!ごんぶと感想をいつもお送りしていたのに、郵便事故ったりしてお届けできない場合が多かった今までが嘘のような感じですよ…。あまり舞い上がってはだめ…と思いつつ、またも召されそうになるわたしなのでした…。今までご感想メールって失礼では…と思っていたのですが(やはりお便りのほうがいい気がして)西先生のご負担にならないのなら、それに越したことはないですよね…。お返事のお返事はすこし日をあけてさせていただこうと思っておりますが、自分のメールの受信フォルダに西先生のお名前が入っていたときの衝撃たるや…って感じでした。ファンレター書くってとっても勇気が要りますが、書かないとこの気持ちは伝わらない。漫画家さんにダイレクトにご感想等をお送りできる世の中って、なんてありがたいんでしょう。同人誌の感想とかも割とマメに書いちゃうほうなのですが、ほんとうに、想いを形にしてお伝えして、それをキャッチボールのように受け止めていただけるのって、やっぱり嬉しいですねえ…。最近は、ご感想という文化が廃れているのか、差し上げた方が無茶苦茶喜んで下さるのを拝見すると、よーし、また書いちゃおう!って思いますね…。自分が、書き手側の立場を経験しているというのも大きいかも…。感想頂いたメールとかプリントアウトしちゃうもの…。繰り返し繰り返し読んじゃうもの…。やはり、お便りというものはどんな形であろうと、「好きです!大好きです!」の気持ちを込めて書けば、失礼に当たることは自然と書かないんじゃないかしら…。(わたしは書きそうになるのでストップ!と自制しますが!)わたしの師匠の仰った「美しい言葉には美しい言葉が返る」は、ほんとうじゃないかな…。言葉は言霊です。嫌な気持ちや、自分に対しての上から目線のツイートとかす〜ぐ解りますものね…。(いえ!わたしのお友達はそんな言葉遣いを決してされませんが…、時々よーわからんひとからそういう目に…。)わたしも、決して綺麗な心だけを持ち合わせているわけではない、醜いこころも酷なこころも持った普通の人間ですので、なかなか難しいですし、弱音も吐きますが、美しいことば、という高い峰を登ろうとする心意気だけは持っていたいなあ…。西先生のメールには暖かな感情と感謝の気持ちがいっぱい詰まっていましたよ…。
| 17:37 | 西先生関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>